唐津市内で畳や襖、障子や網戸の張り替えをお考えの方はぜひ一度お電話を!

お客様のご要望に合わせて、色々とご提案させて頂きます!私達と一緒に良い和室空間をつくりませんか?

張り替え激安価格!襖ふすま・障子しょうじ・網戸あみどの張り替え1400円(税込1540円)~畳たたみ表替え2000円(税込2200円)~!まずは無料お見積り!

畳の表替え 激安キャンペーン特価!

襖の張り替え 激安キャンペーン特価!

障子の張り替え激安キャンペーン特価!

網戸の張り替え激安キャンペーン特価!

お問い合わせの流れ

唐津市内施工地域一覧(畳の表替え・襖・障子・網戸の張り替えお取り扱いエリア)
どの地域でも迅速に対応いたします。

唐津市内施工エリア 旭が丘・朝日町・石志・魚屋町・宇木・後川内・浦・江川町・枝去木・相賀・相知町(伊岐佐・相知・大野・楠・久保・黒岩・佐里・千束・田頭・鷹取・町切・長部田・中山・平山上・平山下・牟田部・山崎・湯屋・横枕)・大石町・海岸通・鏡・鏡新開・水主町・柏崎・神集島・刀町・北城内・北波多(大杉・上平野・岸山・志気・下平野・竹有・田中・徳須恵・成渕・稗田・山彦・行合野)・厳木町(天川・岩屋・うつぼ木・浦川内・厳木・瀬戸木場・鳥越・中島・浪瀬・平之・広川・広瀬・星領・牧瀬・本山)・京町・木綿町・熊原町・熊ノ峰・久里・神田・呉服町・米屋町・紺屋町・材木町・栄町・桜馬場・桜町・佐志・佐志中里・佐志中通・佐志浜町・佐志南・重河内・十人町・松南町・新興町・新町・菅牟田・双水・大名小路・大良・高砂町・高島・竹木場・千々賀・町田・千代田町・鎮西町(赤木・石室・岩野・打上・加唐島・加倉・串・高野・塩鶴・菖蒲・中野・名護屋・野元・波戸・早田・馬渡島・松島・丸田・八床・横竹)・唐川・唐房・中里・中瀬通・中原・中町・中山町・長谷・梨川内・七山(荒川・池原・木浦・白木・滝川・仁部・藤川・馬川)・菜畑・西大島町・西唐津・西城内・西寺町・西浜町・西旗町・橋本・橋本町・畑島・半田・鳩川・浜玉町(大江・岡口・五反田・谷口・鳥巣・浜崎・東山田・平原・渕上・南山・山瀬・横田上・横田下)・原・東宇木・東大島町・東唐津・東城内・東町・東山・肥前町(赤坂・上ケ倉・犬頭・入野・梅崎・瓜ケ坂・大浦・切木・杉野浦・田野・鶴牧・寺浦・中浦・新木場・仁田野尾・納所・星賀・万賀里川・満越・向島・湯野浦)・平野町・藤崎通・富士見町・二タ子・船宮町・坊主町・本町・湊町・南城内・南富士見町・妙見町・見借・元石町・元旗町・八百屋町・屋形石・八幡町・養母田・養母田鬼塚・山下町・山田・山本・夕日・弓鷹町・横野・呼子町大友・呼子町小川島・呼子町加部島・呼子町小友・呼子町殿ノ浦・呼子町呼子・和多田(海士町・大土井・先石・天満町・西山・東百人町・百人町・本村・南先石・用尺)

張り替え激安価格!襖ふすま・障子しょうじ・網戸あみどの張り替え1400円(税込1540円)~畳たたみ表替え2000円(税込2200円)~!まずは無料お見積り!

畳の表替えが2000円(税込2200円)~!

襖の張替え片面1400円(税込1540円)~!

障子の張替えも1400円(税込1540円)~!

網戸の張替え1400円(税込1540円)~!

佐賀県唐津市の概要と佐賀県唐津市の見所

佐賀県唐津市は、県の北西部に位置する市である。北部は海に面している。唐津市は、2005年に周辺の町村と合併したことで広大な面積に多くの人口を擁するようになった。近隣の都市圏にも程近いことから、ベッドタウンとしての役割も果たしている。
唐津市の中心を貫通するような形で東経130度の経線が存在しているため、そのことを示す標識が設置されている。海岸沿いに長く伸びている黒松の林は、唐津市を象徴する景勝地として有名になっている。我々市民の自慢の観光スポットである。
唐津市は、夏は太平洋側気候の特色がありながら冬は日本海側気候の特色も見せるという不思議な気候を持っている。昼夜の寒暖差が少なく、気温が上がり過ぎることも下がり過ぎることもないため、一年を通じて穏やかな気候の中で生活することができる。
唐津市の特産品としては、イカを使ったしゅうまいや松をモチーフにした饅頭やおこしなどが挙げられる。また、渋い味わいを持つ唐津焼の産地としても有名であり、唐津市各所には工房や販売店が数多く存在している。
唐津市は、北部を海に面して大陸との交易が盛んであったことから、古来より多彩な町人文化が発展した。その文化を継承する形で、夏や秋にかけて大規模な祭りが開催されている。特に唐津くんち期間中は、県内外から多くの観光客が訪れて賑わいを見せている。

唐津市とはどういうところか

唐津市は九州、佐賀県の北西部に位置する市です。唐津市の人口は約12万2千人、人口密度は平方キロ当たり250人の地域です。中心市街地は江戸時代から城下町として栄えて来ました。面積は487.54平方キロで多くの観光資源があります。2005年に新設合併で唐津市が誕生しました。近隣の福岡都市圏に通勤や通学する市民も多いとされています。唐津市の人口は1970年以降15年間は余り変化が見られなかったものの、それ以降は減少に転じて来ています。唐津市の産業としては果樹や稲作、肉用牛などの生産が盛んに行われています。経営環境は厳しい中で、製造業や建設業等を中心に行われています。工業集積地としては鉄工団地や工業団地が形成されています。1990年代に入って郊外に大型の商業施設が進出して来た為に商店街ではその影響で空洞化が生じて問題になっています。鉄道ではJR九州の筑肥東線と筑肥西線、唐津線が通っています。バス路線では昭和自動車のものが運行しています。 港湾では唐津港が重要港湾とされ、かつては石炭の積み出し港として栄えて来ました。空港では佐賀空港と福岡空港がありますが、アクセスの良さからは福岡空港が利用される機会が多いとされています。名所や観光スポットとしては遺跡や古墳、城跡や城郭、歴史民俗資料館、旧銀行本店などがよく知られています。

張り替え激安価格!襖ふすま・障子しょうじ・網戸あみどの張り替え1400円(税込1540円)~畳たたみ表替え2000円(税込2200円)~!まずは無料お見積り!

写真ギャラリー

畳の表替え及び裏返しについての豆知識

畳は、日本人の知恵から生まれた、稲藁の「吸排出性」を利用した、日本の気候に合った優れた敷物です。そして、定期的にメンテナンスをすることで長く使用することができる様に考えられています。構造は、大きく分けて表(おもて)、縁(へり)、床(とこ)と3つの部分からできています。表はイグサを使用してできており、床の上に敷いて床を覆うゴザのことです。床は、畳の中身に当たり一番重要な土台の部分で、弾力、断熱、保温と畳の持ち味をだしているところです。縁は、畳の縁につけてある布製の帯状のものです。
畳は、長い間使用していると、ゴザの表面が日焼けによる色あせや、擦れ等によって傷んできます。そこで、表の部分のメンテナンスが必要になります。この表の部分のメンテナンスには、裏返しと表替えとがあります。新畳や表替えをしてから3~4年で表のゴザの裏返しを行い、新畳から7~8年でゴザそのものを新しいものと取り替える、いわゆる表替えを行います。
裏返しも表替えも縁を新しくしますので、見た目は新しくなります。そして、10年以上経って、歩いてぷかぷかするように感じ始めたら、そろそろ床の交換の時期がきたことになります。このときは、床が柔らかくなり表のゴザも傷みだしてきていますので、今度は、表替えだけでなく、畳そのものを新規に取り替えることになります。このように定期的にメンテナンスをすることで、20年以上、気持ちのよい畳を使い続けることができるようになります。このように、畳は長い間メンテナンスを繰り返して使用するので、必ず信頼のおける業者に依頼することです。

畳の表替えで美しいお部屋空間を取り戻せます

昔から畳というのは、日本の伝統的な床材のひとつとして親しまれています。洋風家屋が増えたことにより、今では畳の無い家も多いです。しかし、畳の良さは自然の風合いだけでなく、抗菌消臭作用・湿度を一定に保つ作用など、近年改めて見直され、洋風の家でも畳のあるスペースを設ける家もあります。畳は年月の経過とともに日焼けや擦れによる痛みが出てきます。その場合、畳そのものを交換する方法と、表替えという、畳の表面だけを張替える方法があります。表替えなら価格も安く抑えられます。
畳の表替えは面倒だと思われがちですが、これはフローリングの床でも清潔感を保つためには数年ごとにワックスがけを行う等のメンテナンスが必要なのと同じです。なにより、畳の表替えのメリットは、ワックスや塗料に含まれる成分によるシックハウス症候群などのアレルギーの心配が無いので、表替えを行ってすぐに普段の生活を始められることです。
そのため最近では小さなお子さんやペットのいる家庭でも人気があります。また、畳は部屋の多くの面積を占めることから、表替えするときに、い草の色合いや模様を選ぶことでも部屋のイメージを変えることが出来ます。昔ながらの和風なものから、洋風のインテリアに合わせて少し模様が入ったものを選ぶとインテリアにも合わせやすく、部屋の雰囲気も違って見えるようになります。

襖は和室に最適です。そして洋室にも襖は合うのです。

襖は日本の伝統的な建具です。日本家屋には必ずあるものですが、最近はさまざまなものがあります。日本の家がすべて和風建築ではないために襖の柄が変化しました。現代の家にはその柄の変化したものが多く使用されています。
家にある襖は家の間仕切りとして使われています。そして引き戸としての役割も併せ持っています。家が洋風になると、襖の紙が洋風に変化し始めました。家の仕切りと引き戸として使われるときは、壁紙などの色調に合わせて紙が張られます。
襖は構造がしっかりとしたものなので、紙を張るだけで部屋に マッチし、機能も果たします。引き戸としての役割も部屋の色調に合わせて洋風化しても形も変わりません。開き戸を使いたくない部屋の構造のときは、襖は便利です。
紙を張るということで、紙に痛みが出たり、汚れたり、敗れたりした ときには張り替えることができます。この性質は過去から変わらず、髪を張り替えるというだけで、新品のようになります。日本人の生活の知恵から生まれたこの襖は張替えをすることでも部屋の雰囲気を変えることができるのです。
模様替えをした際にも、和室でも張り替える紙を変えることでずいぶんと様子を変えることができます。洋室でも同じで、壁紙を張り替えると同じように紙を張り替えることで、部屋の雰囲気を変えることができます。和洋を問わず、現代の襖は生活に根付いているのです。

障子を綺麗にするには障子紙を張り替えるしかありません

大掃除の際障子も綺麗にしようとしてみたが、結局どうしたら良いのか分からなかった、という経験をした人もいるのではないでしょうか。障子は紙で出来ていますから、基本的には水を使った掃除をすることが出来ません。
雑巾などを使って拭いてしまうと、すぐに水を吸収して破れてしまいます。ですからハケなどを用いて、障子の桟のホコリを払うことくらいしか出来ません。ですがこれでは障子全体は綺麗にならないので、すっきりとしません。
つまり障子を綺麗にするには、張り替えをするしかないという事になります。張り替えをすれば新しい障子紙になりますので、大変に綺麗になります。あまり汚れていないように見える障子も、いざ交換してみると意外と汚れていた事に驚くこともよく有ります。
障子の張り替えというと、なんだかとても大げさな事のように感じられますが、実際は全くそんな事はありません。専門の業者に依頼すれば、自宅まで取りに来てくれますし、張り替えが済め再び自宅まで持ってきてくれます。
また張り替えをする際には、いくつかの障子紙から選ぶことが出来ます。破れにくい強化紙タイプや、断熱の効果の高いタイプなども有ります。小さい子供がいたりペットが居たりする場合は、破れにくいタイプがおすすめです。

唐津市内施工地域一覧(畳の表替え・襖・障子・網戸の張り替えお取り扱いエリア)
どの地域でも迅速に対応いたします。

唐津市内施工エリア 旭が丘・朝日町・石志・魚屋町・宇木・後川内・浦・江川町・枝去木・相賀・相知町(伊岐佐・相知・大野・楠・久保・黒岩・佐里・千束・田頭・鷹取・町切・長部田・中山・平山上・平山下・牟田部・山崎・湯屋・横枕)・大石町・海岸通・鏡・鏡新開・水主町・柏崎・神集島・刀町・北城内・北波多(大杉・上平野・岸山・志気・下平野・竹有・田中・徳須恵・成渕・稗田・山彦・行合野)・厳木町(天川・岩屋・うつぼ木・浦川内・厳木・瀬戸木場・鳥越・中島・浪瀬・平之・広川・広瀬・星領・牧瀬・本山)・京町・木綿町・熊原町・熊ノ峰・久里・神田・呉服町・米屋町・紺屋町・材木町・栄町・桜馬場・桜町・佐志・佐志中里・佐志中通・佐志浜町・佐志南・重河内・十人町・松南町・新興町・新町・菅牟田・双水・大名小路・大良・高砂町・高島・竹木場・千々賀・町田・千代田町・鎮西町(赤木・石室・岩野・打上・加唐島・加倉・串・高野・塩鶴・菖蒲・中野・名護屋・野元・波戸・早田・馬渡島・松島・丸田・八床・横竹)・唐川・唐房・中里・中瀬通・中原・中町・中山町・長谷・梨川内・七山(荒川・池原・木浦・白木・滝川・仁部・藤川・馬川)・菜畑・西大島町・西唐津・西城内・西寺町・西浜町・西旗町・橋本・橋本町・畑島・半田・鳩川・浜玉町(大江・岡口・五反田・谷口・鳥巣・浜崎・東山田・平原・渕上・南山・山瀬・横田上・横田下)・原・東宇木・東大島町・東唐津・東城内・東町・東山・肥前町(赤坂・上ケ倉・犬頭・入野・梅崎・瓜ケ坂・大浦・切木・杉野浦・田野・鶴牧・寺浦・中浦・新木場・仁田野尾・納所・星賀・万賀里川・満越・向島・湯野浦)・平野町・藤崎通・富士見町・二タ子・船宮町・坊主町・本町・湊町・南城内・南富士見町・妙見町・見借・元石町・元旗町・八百屋町・屋形石・八幡町・養母田・養母田鬼塚・山下町・山田・山本・夕日・弓鷹町・横野・呼子町大友・呼子町小川島・呼子町加部島・呼子町小友・呼子町殿ノ浦・呼子町呼子・和多田(海士町・大土井・先石・天満町・西山・東百人町・百人町・本村・南先石・用尺)

張り替え激安価格!襖ふすま・障子しょうじ・網戸あみどの張り替え1400円(税込1540円)~畳たたみ表替え2000円(税込2200円)~!まずは無料お見積り!